« 対等 | トップページ | 老化と見た目 »

2006年6月28日 (水)

「老老介護」の死角

まず見終った時の感想は、いつも言ってますが
自分の無知さをホント感じます。

老老介護は、介護が必要な世帯の4割といわれているそうです。
高齢社会の今、もちろんこの割合も上がると予想されます。
4割と考えると多いなとやはり感じますね。

介護保険制度を知っていますか?というアンケートで
よく分からないと答えた人はどれぐらいいると思いますか?

人気blogランキングへ

有名ブログランキングへ

よく分からないと答えた方は57.2%です。
二人に一人は介護保険制度のことをよく分かっていないのです。

老老介護の介護疲れによる殺人事件の事も
取り上げられていましたが
「人間性を失っていく妻を他の人に見せたくなかった」と
誰にも言えず、自分の持病もあり心中を考え、
苦しむ妻の姿に耐えれず首を絞めたと・・・。
介護保険を利用しなかったのも施設を利用するのに
高額な費用が必要だと思っていたとの事でした。

コメンテーターの方も言っておられましたが、セーフティネット
(病院・介護保険制度・福祉行政・地域住民など)と呼ばれる
ものが、機能しなかったのはなぜか?という事を
話されていたのですが、病院も個人情報の事などもあり、
行政などと連携を取れなかったり、地域住民も
介護を行っていた事を知ってはいたけど
踏み込めないという現状。
最後にコメンテーターの方は、一人一人のケアを
大事にするという視点から連携も取らないと
いけないと言う事を仰ってました。

難しい問題なんですが、介護保険制度を
利用していたら状況は変わっていたのかもしれない
とも想うのです。
なのに介護保険制度のことを良く分かっていないのが
二人に一人というこの数字、深刻ではないのでしょうか。

もちろん役場などに行けば、
ちゃんと説明してもらえるかもしれませんが
もっと地域などで説明される機会とかがあれば
良いんじゃないかなと思いました。

|

« 対等 | トップページ | 老化と見た目 »

コメント

家族だけで介護するには 限界があるんだけど、実際まだまだ福祉にお世話になるのは嫌だと思っている高齢者は 本当に多いんだ。恥の意識かなぁ。。徘徊で何度も警察に保護されたり ボヤを出してやっと介入するケースもかなりあるよ。介護者が過労で倒れて やっと限界を認めるとかね。長生きすれば いつかは誰でも介護を必要とする時がくるのが当たり前だと普通に認識されるようになるのには まだ時間がかかるのかなぁ。。

投稿: てるプー | 2006年7月 3日 (月) 00時24分

>>てるプーさんへ
コメントありがとうございます。

この番組でも、他人に家に入ってきて
欲しくないと仰っていた方いましたね。
色んなケースで介入されたりする場合が
あるんですね...。
介護保険を知らないという現実や高額な費用が
かかるといったイメージや難しいと思って
手を出さなかったりともっと知ってもらう
努力というのがやっぱり必要ではないかと
思いますね。

投稿: Ku(管理人) | 2006年7月 9日 (日) 22時28分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「老老介護」の死角:

» テレビ アレコレ【2】 [ひとみちゃんにも ちょっと言わせて]
  「ちょっと変だぞ日本の自然」 or 「老老介護」 気分もよくなったので、テレビを。 消灯時間前なので眠ることはないだろう。 が、ダブッてしまった。 病院では録画もできず、再放送を期待して、「ちょっと変... [続きを読む]

受信: 2006年8月18日 (金) 22時27分

» 介護保険制度ってなあに? [無料でおいしい情報局]
介護保険制度って何か知っていますか?若いうちから老後に備えて、介護保険について知っておかねばならないことを勉強しておきましょう。 [続きを読む]

受信: 2006年10月30日 (月) 23時44分

» 介護マニュアル [介護マニュアル]
介護マニュアル。介護とは?高齢化社会に備えて介護福祉・介護保険などの初心者介護マニュアルです。 [続きを読む]

受信: 2006年11月17日 (金) 05時17分

» 介護する家族の方へ [介護 予防の教室]
TB失礼します 自分の母親がある時脳卒中になり、脳に障害が残り、体の方は何とか動くのですが、行動認識ができない。つまり、なにをどうしていいか分からない状態になってしまい、自宅に退院しても危なくて1人では置いていけないので、リハビリによって家で1人で留守番するくらいまで回復させたいと思い、リハビリをさせますが、どうしても今の制度では長くリハビリを続けることができません。最初の頃から比べるとだいぶ良くなりましたが、まだ家に戻って1人にしておくのは不安を感じます。娘さんは、高校生3年生で母親の...... [続きを読む]

受信: 2006年12月 6日 (水) 20時37分

» 介護予防と痴呆(認知症) [介護の資格が私にあるのか?!]
認知症の予防にはこんな方法があったのをご存知でしょうか。これからとても大切なお話をします。 [続きを読む]

受信: 2006年12月11日 (月) 15時27分

» ケアマネージャーの試験@基礎知識  [ケアマネージャーの試験@やりがいのある仕事を!ケアマネージャーの試験情報]
どうも!ケアマネージャーの試験@です!!今日はケアマネージャー@基礎知識です。ケアマネージャー(介護支援専門員)の資格は、社会的に知られ注目を集めるようになりました。高齢化社会の日本において、欠かせない資格のひとつであるといえます。役割は介護サービ... [続きを読む]

受信: 2006年12月19日 (火) 23時32分

» 知られざる、海外ネットビジネスの“儲けの仕組み”を暴露! [高齢者の為の儲ける情報サイト]
『海外向けのネットビジネスって儲かるだろうな~』なんて思っていませんか?実際、『海外相手にネットビジネスを始めたい!これからは海外にチャンスがあるぞ』って思っていても、実際に、どうやって自分の商品を、インターネット上で海外に宣伝するのか?どの海外サイトを利用して、販売すれば良いのか?どうやって支払いをすればよいのか? どうやって儲けたお金を日本に送金できるのか?などなど、中々分からない事が沢山あると思います。 でも、残念ながら、本屋さん、ネット上をどこを探しても、海外向けのネ...... [続きを読む]

受信: 2007年2月 9日 (金) 23時08分

« 対等 | トップページ | 老化と見た目 »