« 伝えるという事 | トップページ | 恩師・憧れの先生 »

2006年6月11日 (日)

電車男

映画「電車男」を見ましたので感想を。

小説・ドラマ・映画と去年話題になった
電車男ですが、話題になる半年以上前に
友人に面白いものがあると言われ読んだのが
電車男の掲示板の発言やその他の書き込みを
まとめたページでした。

ドラマは見たことあったのですが、ドラマよりも
良かったですね、ラストに少し泣いてしまいました。

人気blogランキングへ

有名ブログランキングへ

一番印象的だったシーンは
気持ちがすれ違ってしまった時に、電車男は
自分の気持ちをこういったんです。
「好きになるのは苦しい・・・、誰かを好きになるのは・・・
こんな想いは・・・もう・・・俺にはこれ以上いく勇気がない・・・」

人を好きになるって、そうゆうものだよなって思いました。
些細な事で凄く喜んだり苦しんだり、それぐらい相手の事を
想えるって素晴らしいですよね。

電車男のストーリーは、典型的な秋葉系の男が
電車で絡まれている女性を助けたことから始まる
恋愛ストーリーなんですが、
人を好きになるという事の素晴らしさや
恋の力って凄いなって、
素直に感じれる作品だと自分は思いました。
まだ観てなくて、純粋な恋愛模様が観たい方に
是非オススメします。

|

« 伝えるという事 | トップページ | 恩師・憧れの先生 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電車男:

« 伝えるという事 | トップページ | 恩師・憧れの先生 »